労働基準法は正しい働き方を定めた法律

正しい仕事の仕方も、法律に定められています。
労働基準法というものがあって、これに残業はどの程度まで許されるかもすべて記載されています。
ただ、労働基準法は、多くの会社で守られていないのが現状です。
日本には会社の数が非常にたくさんあって、労働基準監督署のスタッフだけではそのすべてをチェックしきれないからです。
また、雇う側も雇われる側も、労働基準法の存在を知らないケースがあります。
自分は違法な労働を強いられているのだという認識もない会社員が多数存在しているのは困ったことです。
虐げられている側にその認識がないのが、最も厄介なケースでしょう。
また、黒なのか白なのか分からないグレーの部分が多く、問題があると分かっていても動けない場合もあります。
気軽に労働環境のことを相談できる場所を、もっと多く作らなければなりません。
ただ、最近はネット社会になってきたせいもあり、各社労働環境の改善に努め始めました。
法律に沿わない違法な労働環境が世間に広まれば、会社の看板に傷がつくからです。

英日翻訳
英語のプロフェッショナルにお任せください

医療法人化はお任せください

契約書翻訳
専門用語もお任せください

港区 社労士
コンサルティングが得意です

技能実習生のご紹介はお任せください

サンプルイメージ1

労働に関する法律を知っておく必要性

もしも今自分が就業をしている企業で労働基準法違反があったとしたら、どうしたらよいでしょうか。

サンプルイメージ2

雇用に関して、法律を学ぶ事も大事なことです

もしも今自分が就業をしている企業で労働基準法違反があったとしたら、どうしたらよいでしょうか。

法律行為は日常的に行われるもの

法律行為というのは、そう大げさなものばかりではありません。
実は誰もが、日常的に行っているもの

過払い金の問題と法律の知識に注目です

借金をした経験のある方の中には、過去にきちんと返済をするなど、努力をして、問題を解決した方もいます。

Copyright© 法律 All Rights Reserved.